本文へ移動

「スケジュール」とは?

「スケジュール」とは?

ご自身で教習の予約をしていただくのではなく
 担当者が教習計画を作成するオプションです。
通常ですとご本人様がいつどんな教習を受けるのか考え、予約をしながら進めていきます。
 
「スケジュール」ではご本人による予約は不要で、時間割に従って通学していただくだけで済みます。
 
また、スケジュールはご本人が予約できる数(最大4回)よりも先の方まで予約出来ますので短期取得にも向いています。
 
スケジュール作成手数料は30,000円(税込32,400円)で、ノーマルコースにも定額コースにも追加できます。
「咲楽」7月号で上記オプションが0円に!
 

「スケジュール」か「セルフ予約」か

セルフ予約に向いている方

  • 先の予定が分からないor予定が変わってしまう方
  • 自分できちんと計画を立てて進められる方
  • 余分な費用を掛けたくない方
 
前もって予定が分からないと時間割を作成できませんし、せっかく時間割が決まってもご自身の予定が頻繁に変わると再度組み直しになり日程もかなり先に延びてしまいます。
 
このような方はスケジュールではなくご自身で予約しながら進めていただく事をお勧めします。

スケジュールに向いている方

  • ご自身で教習計画を立てられない方
  • 通学する日時が著しく限定される方
  • 短期取得を目指したい方
 
費用は余分にかかりますが、セルフ予約に比べて先の方まで予定を組めるので着実に日程を消化できます。また、短期で免許を取得したいという方にも向いています。
 
計画を立てる前には仕事や学校など、先の予定を明確にしておいて下さい。
 
※混雑のためお引き受けできないことがあります。
 

スケジュール作成の手順

  1.  ご都合をお聞きしします。ここであなたの予定を正しく教えていただければ他の用事と教習が重なることはありません。
  2.  第1段階(仮免前まで)を作成します。
  3.  仮免合格後、第2段階の時間割を作成します。
  ※ 時間割が確定したら別の予定を入れないようにして下さい。
 
スケジュールは変更できますか
変更はできますが、大勢の方の時間割を順番に作っていますし、特に混雑期などは振替の予約が取りにくいので日程はかなり遅れてしまいます。

注意事項など

受講日時など制限について

スケジュール作成にあたり、ご都合の悪い日時と重ならないようにしていますが、すべてご自身の好きな時間に受講できる訳ではありません。受講日時等が決まっているものについてご紹介します。
 
学科教習全般
あらかじめ公安委員会に届出をしてある実施予定日時に従って実施しています。
 
修了検定(仮免許のテストです)
技能の検定は祝日を除く、毎週月曜・水曜・金曜のAM9:00集合となります。
合格者は午後から学科試験、更にその合格者は2段階学科や原付教習(原付免許所持者を除く)がありますので午後5時ごろまでかかります。
 
卒業前学科効果測定
毎週火曜(PM6:40)・木曜(PM3:00)・土曜(AM9:20)に実施し、所要時間は2時間くらいです。学科教習を全て受講していないと受験できません。
 
高速教習
夜間(PM5:40以降)は実施していません。2時限連続(計100分)で実施するため、最も遅い時間でも午後3:00開始です。
 
応急救護処置教習
座学と実習を併せて3時限連続で受講していただくことになります。実施時間のほか人数制限もあります。
 
卒業検定
祝日を除く、毎週火曜・木曜・土曜のAM9:00集合
検定は概ね午前中で終わりますが、合格者は午後から本免試験対策勉強会を実施しますのでお帰りは午後4時頃になります。
 
このほか、愛知県運転免許試験場での学科試験(←卒業後)は祝日等を除く毎週月曜・水曜・金曜の9時半頃の受付になります。ただし再受験や他の都道府県で受験する場合はこの限りではありません。
TOPへ戻る