本文へ移動

中型免許

中型自動車について

中型自動車とは、大型および普通自動二輪車、小型特殊自動車以外の自動車で、次の条件のいずれかに該当する自動車です。
  • 車両総重量 7.5t以上11t未満
  • 最大積載量 4.5t以上6.5t未満
  • 乗車定員 11人以上29人以下
※ 2022年(令和4年)5月13日の法改正で「受験資格特例教習」を修了した方は特例として受験資格要件が緩和される事となりましたが、当校では受験資格特例教習を実施しておりません。

8トン限定中型免許の限定解除

平成19年6月1日以前に取得した普通免許は現在「8t限定中型免許」とされており、次の範囲の車を運転できます。
  •  車両総重量:8t未満
  •  最大積載量:5t未満
  •  乗車定員:10人以下 
総重量や積載量、乗車定員などが中型免許の上限いっぱいまで運転できる免許ではありませんので、免許証には「中型車は中型車(8t)に限る」というような条件が記されています。

【参考】中型免許と8t限定中型免許との比較 

運転できる範囲
車両総重量
中型免許・・・11t未満
8t限定中型免許・・・8t未満
最大積載量
中型免許・・・6.5t未満
8t限定中型免許・・・5t未満
乗車定員
中型免許・・・29人以下
8t限定中型免許・・・10人以下
「大型免許までは要らないが、8t限定中型免許では足りない」という場合、中型免許が必要ということになりますが、もし8t限定中型免許をお持ちなら限定解除(技能最短5時限)することで解決できます。

※オートマチックのみの限定解除はこちらをご参照ください。

中型免許 料金表

中型免許(2023.4.1~)

お持ちの免許
標準料金
8t限定中型
技能:最短5時限
学科:なし
99,000円
追加料金は下の表ご参照下さい
8tAT限定中型
技能:最短9時限
学科:なし
132,000円
追加料金は下の表ご参照下さい
普通MT
技能:最短15時限
学科:1時限
225,500円
追加料金は下の表ご参照下さい
普通AT
技能:最短19時限
学科:1時限
257,400円
追加料金は下の表ご参照下さい
5t限定準中型
技能:最短11時限
学科:1時限
191,400円
追加料金は下の表ご参照下さい
5tAT限定準中型
技能:最短15時限
学科:1時限
225,500円
追加料金は下の表ご参照下さい
準中型
技能:最短9時限
学科:なし
147,000円
追加料金は下の表ご参照下さい
■料金は2023/4/1改定のもので、標準カリキュラムで卒業した場合の総額表示です(消費税率10%)。追加料金は含まれておりません。■オプションコースはありません。■入学金は施設車両等の維持管理及び間接人費等に充当させていただきます。■高速教習は実車を使用します。■途中退校の場合は未実施の教習費のみ返金致します。

追加料金(1回あたり)

技能教習
7,260円
修了検定
再受検
13,860円※1
(補習1回含む)
卒業検定
再受検
14,960円※2
(補習1回含む)
技能教習
当日キャンセル
6,600円非課税※2
2,000円非課税※2
※1 修了検定または卒業検定の再受検には法令の規定により1時限以上の補習教習が必要です。
※2 技能教習当日のキャンセル料は1時限につき6,600円です。ただし教習開始1時間前までにキャンセルした場合は1時限につき2,000円です。

教習の進め方

  • 教習は全てご本人様によるセルフ予約制です。
  • 短期コースはありません。
  • 受付の予約機のほか、インターネット予約もできます。

免許取得までの流れ

第1段階の教習
校内での運転練習です
技能教習は所持免許によって時限数が異なります。
学科教習はありません。
仮免許合格に向けて頑張りましょう
仮免許のテスト(月水金)
修了検定(=運転のテスト)
学科試験はありません。
合格すると仮免許が交付されます
第2段階の教習
おもに外の道路での運転練習です
技能教習所持免許によって時限数が異なります。 
学科教習:所持免許によっては1時限実施。
卒業検定(火木土)
教習所の最終テスト(運転)です
合格するとご卒業となります
運転免許試験場
適性試験(視力検査等)があります
合格すると運転免許証が交付されます
おめでとうございます
※技能や学科の試験はありません。
備考
限定解除審査コースは段階の区別はなく、修了検定や一般の路上教習を実施しません。また、卒業検定(審査)は土曜日のみの実施になります。

教習車の紹介

  • 車名:日野自動車 レンジャー
  • 乗車定員:6人
  • 最大積載量:6,200kg
  • 車両総重量:10,990kg
  • 寸法(cm):長さ759 幅234 高さ259
  • 排気量:6,400cc
  このほか、いすゞ製の車両を使用することがあります。

運転シミュレーター

運転シミュレーターを使う教習もあります。
(所持免許によります)。

【参考】 教育訓練給付制度

中型免許の教習課程の中には、「教育訓練給付制度」を利用できるものがあります。
 
教習費を自費で負担する方で、一定の条件を満たす場合には教習費の一部が支給される可能性があります。
 
TOPへ戻る