本文へ移動

大型二輪免許

【 重要なお知らせ 】
 
混雑のため、とても予約を取りにくい状況となっております。
入校は可能ですが、今後は3月末~4月上旬ごろまで更に予約が取りにくくなることが予想されます。
 
また、当面のあいだ大型二輪車はマニュアルのみで「普通二輪免許(400MT)をお持ちの方(最短12時限の課程」のみに入校を限らせていただきます。

ビッグバイクを乗りこなそう!

大型二輪免許は自動二輪免許の中では最も上位の免許です。
 
普通二輪車と比較して重量やパワーがある車体を安全に上手く乗りこなすための基本的な運転技術をマスターするとともに、運転マナーや交通安全の面でも大型二輪免許にふさわしいライダーを目指しましょう!

免許の種類と入校条件

大型二輪免許はエンジンの総排気量が400ccを超える二輪の自動車を運転する時に必要です。(AT限定の大型二輪免許はAT車で且つ総排気量650cc以下に限定されます)

オートバイの扱いは体格や力量に見合っていないと正しい操作を身につけられないばかりか、ケガや車両の破損につながる恐れがあるため、次のような入校条件を設けております。
★教習車はホンダNC750L(AT車はスズキSKYWAVE650)を使用します。
地面に両足を着くことが出来る。
8の字に車体を押して歩くことが出来る。
倒れた車体を引き起こすことが出来る。
センタースタンドをかけることが出来る。

教習で必要となる装備や服装

オートバイの走行ではライダーが事故や転倒時に負傷することが想定されますので、万が一に備えた装備と高い安全意識が必要です。
 
このため乗車時はヘルメット・長袖/長ズボン・グローブ・プロテクターを着用していただきます。また、雨天時はレインウェアをご用意いただくことを推奨します。
ヘルメットはフルフェイスかジェット型。無料貸出しあり。筐体が上部だけの「半ヘル」は使えません。
グローブ(5本指タイプ)を各自でご準備下さい。(軍手など布製不可。革製を推奨)
長袖・長ズボン必須です。手首や足首が露出しないよう服や靴下の長さにも気をつけて下さい。
プロテクターは「肘・膝・胸」の3か所に着用していただきます。(すべて当校で準備します)

教習プランと料金について

 標準コース(ノーマル)のほか、定額コースが選択できる教習課程もあります。
 詳しくは教習料金表にてご確認下さい。

教習の進め方

  • 教習は全てご本人様によるセルフ予約制です。
  • 短期コースはありません。
  • 受付の予約機のほか、インターネット予約もできます。
  • 最長で1カ月先まで、最大で5回先まで予約できます。
  • 第1段階は1日2時限迄、第2段階は1日3時限迄の制限があります。
 

免許取得までの流れ

第1段階
・基準時限数の教習(校内)を実施します。
・最終時限でのみきわめ(判定)結果により、修了認定された場合は第2段階へ移ります。また、修得状況が不十分と判定された場合は基準時限数を超えて実施します。
第2段階
・基準時限数の教習(校内)を実施します。
・最終時限でのみきわめ(判定)結果により、修了認定された場合は後日卒業検定を受験していただきます。また、修得状況が不十分と判定された場合は基準時限数を超えて実施します。
卒業検定
・祝日を除いた火・木・土曜のAM9:00~(概ね午前中)
・合格者はご卒業となります。
・不合格の場合は1時限以上の補習教習が必要。
※限定解除審査の場合は段階の区別はありません
免許の交付
(試験場にて)
所定の期間内に運転免許試験場にて手続きし、免許の交付を受けて下さい。(試験場での技能試験は免除されます。)
TOPへ戻る