本文へ移動

大型二輪免許

入校受付状況(随時更新)

大型二輪と入校条件

大型二輪免許は自動二輪免許の中では最も上位の免許です。
パワーや重量がある車体を安全に乗るための基本的な運転技術をマスターし、マナーの面でも大型二輪免許にふさわしいライダーを目指しましょう!

パワーや車格が魅力的な大型二輪ですが、体格や力量に見合っていないと正しい操作を身につけられないばかりか、ケガや車両の破損につながる恐れがあります。安全確保のため、次のような入校条件を設けております。

新車が4台納車されました!(2024/4/19)

大型二輪の新車(ホンダ「NC750L」MT仕様)が4台納入されました

市販のNC750Xをベースに各部が教習で扱いやすい仕様に変更され、教習車ならではのバンパーやギアポジションランプが装備された車両になります。【ホンダ公式サイト

5月中旬から順次使用していく予定です。※従来型のNC750Lも引き続き使用します。
地面に両足を着くことが出来る。
8の字に車体を押して歩くことが出来る。
倒れた車体を引き起こすことが出来る。
センタースタンドをかけることが出来る。

安全のための装備

オートバイの走行では事故や転倒時に負傷することが想定されますので万一に備えた装備と高い安全意識が必要です。
 
このためヘルメット・長袖/長ズボン・グローブを各自でご準備下さい。プロテクターは当校が用意します。(雨天時はレインウェアをご用意いただくことを推奨します。)
ヘルメットはフルフェイスかジェット型。筐体が上部だけの「半ヘル」は使えません。
グローブ(5本指タイプ)を各自でご準備下さい。(軍手など布製不可。革製を推奨)
長袖・長ズボン必須です。手首や足首が露出しないよう服や靴下の長さにも気をつけて下さい。
プロテクターは「肘・膝・胸」の3か所に着用していただきます。
実車教習
シミュレーター教習もあります

教習プランと料金について

 標準コース(ノーマル)のほか、定額コースが選択できる教習課程もあります。
 詳しくは教習料金表にてご確認下さい↓↓↓

教習の進め方

教習はご本人様によるセルフ予約制です。受付の予約機かスマホアプリによる便利なウェブ予約をご利用下さい。
  • 短期コースはご用意しておりません。
 

免許取得までの流れ

普通二輪免許(限定無し)をお持ちの方

第1段階の教習
技能教習(校内)は最短5時限です。
学科教習はありません。
オートバイの取り扱いや基本的な走行を練習します。発進と停止、カーブ、S字、クランク、坂道発進、直線狭路台(通称「一本橋」)、連続進路転換コース(通称「スラローム」)があります。また、シミュレーター教習もあります。
技量不足の場合は技能教習を追加して実施します。習得状況良好な場合は第2段階へ移行します。
第2段階の教習
技能教習(校内)は最短7時限です 
学科教習はありません。
第1段階の内容に波状路コースが加わります。四輪車との混合エリアで実際の市街地走行を想定した走行やシミュレーター教習もあります。
技量不足の場合は技能教習を追加して実施します。習得状況良好な場合は卒業検定を受検していただきます。
卒業検定(火木土)
教習所の最終テスト(運転)です
合格するとご卒業となります
運転免許試験場
適性試験(視力検査等)があります
合格すると運転免許証が交付されます
おめでとうございます
※技能や学科の試験はありません。
備考
卒業検定は午前9時からです。(祝日は実施しません)
TOPへ戻る